『隣の家族は青く見える』感想と主題歌

ao08

1月18日よりスタートした深田恭子主演のフジテレビ系ドラマ『隣の家族は青く見える』。

『隣の家族は青く見える』は、『妊活』というテーマが受け入れられるかというドラマではありますが、主演の深田恭子の人気に期待ができるかな。

ということで、『隣の家族は青く見える』の感想と、主題歌を歌うMr.Children(ミスチル)について、書いてみました。

『隣の家族は青く見える』とは

ao01

『隣の家族は青く見える』とは、「妊活」と言うテーマで、脚本家・中谷まゆみ氏が描き下ろしたオリジナルストーリーです。

主演は、年齢がましても美しさに磨きが入り、男性のみならず女性からも圧倒的な支持が集まる「深田恭子」を据えている。

今回は、そんな深田恭子が、家の購入を機に妊活を始める女性をリアルに演じます。

いままでは、可愛くて純真な約が多かった深田恭子が、妊娠を目指す主婦を動画いていくかが見どころでもあります。

“コーポラティブハウス”という、共同生活住宅にも似たさまざまな家族が自分たちの意見を出し合いながら作り上げる集合住宅で暮らす、さまざまな住人の中で、深田恭子が演じる主人公の五十嵐奈々(いがらし・なな、35)は見事に妊活に成功するのか。

菜々の夫を演じるのは、演技派俳優として名高い松山ケンイチ演じる中堅玩具メーカーに勤める五十嵐大器(いがらし・だいき、32)は、心優しいけどちょっと頼りない夫。

一戸建てより安く、マンションよりデザインにこだわりを追求できるという理由で近年、注目されて「コーポラティブハウス」。

住人たちは、狭い空間の中で日ごろ接し合うため、いやが応でも密接な関係を築くことになり、各家族の秘密が徐々に暴かれていくことになっていく。

ao18

“子どもが欲しいカップル”奈々・大器夫婦と“コーポラティブハウス”に住むのは“子どもが欲しくない女性とバツイチ男性のカップル”、“子どもと理想の家族像に執着する主婦と会社を辞めてしまった夫のカップル”、“男性同士のカップル”など、それぞれ現代的な悩みを抱えた家族たちだ。

それぞれ、特徴と個性が強いので、ドラマの展開の中でお互いが、どのように影響しあっていくのかが楽しみでもある。


スポンサーリンク

 

『隣の家族は青く見える』の感想

001_size6

『隣の家族は青く見える』の1話を見る限り、まだ住人たちの対場の紹介が種になるよりも、奈々・大器夫婦以外の住人の存在が目立っていた。

コーポラティブハウスの設計士でもある渉(眞島秀和)と朔(北村匠海)のLGBTカップルの存在が目立っていた。

同性同士のラブシーンを、あからさまに二人の濃厚なキスシーンが展開するなど、ちょっと異質な感じを受けてしまう。

朔は勝手にアパートを解約し、渉のコーポラティブハウスに転がり込んでくる。自身がゲイであることを周りに隠している渉が、他の住人に秘密がバレる瞬間と、その時の様子が楽しみになりそうだ。

「子どもは絶対につくらない」と主張するちひろ(高橋メアリージュン)と、「女は子どもを産んで一人前」と考える深雪(真飛聖)の価値観は真っ向から対立している。

この2人の対立は、めんどくさいいがみ合いに発展しそうだ。

一見ちひろが深雪に引け目を感じているように見えるが、深雪もちひろのブランドバッグを目ざとくチェックするなど、ちひろに対するコンプレックスが見え隠れしている。

一方で、松山ケンイチの不妊とは無縁のはずだが、不妊治療に抵抗があったり、ややデリカシーがなかったりする夫の姿を自然に演じていて、徹底した役作りぶりも地味に目立っていた。

ao12

それにしても、年齢相応の役を演じる、深田恭子の美しさは相変わらずだ。

『隣の家族は青く見える』の主題歌は

resize_image

『隣の家族は青く見える』の主題歌は、Mr.Children(ミスチル)が歌う「here comes my love」だ。

この曲は、発表と同時にオリコンランキング1位を取るなど、大ヒットしている様子。

Mr.Children(ミスチル)が歌う「here comes my love」は、『隣の家族は青く見える』の主題歌として書き下ろされた楽曲で、ドラマの第1回放送で解禁。放送終了後約1時間後から配信リリースを開始した。

ピアノの静謐なイントロに続いて、《破り捨てようかな/いやはじめから なかったものって思おうかな?/拾い集めた淡い希望も/一度ゴミ箱に捨て》と冒頭からシリアスな描写で、葛藤する心にフォーカスを合わせて視点をズームしていく。そして、バンドの演奏が始まると同時に《飲み込んでおくれ/巨大な鯨のように》と一気に物語のパースを広げ、サビでは《夢見た未来を波がさらっていっても/この海原を僕は泳いでいこう》と運命に抗い運命を切り開く決意を掲げる――。
BPM=70ほどのゆったりとしたリズム感の中で、聴く者の孤独に寄り添う密接な距離感から、ギターのドライブ感が轟くスタジアム級のサウンドスケープまで、Mr.Childrenの音風景のすべてを体現してみせたような、切実なエモーションあふれる名曲だ。

出典:

『隣の家族は青く見える』の主題歌を聞いてみよう

まとめ

今回は、”『隣の家族は青く見える』感想と主題歌”として、『隣の家族は青く見える』の内容や感想と、主題歌を歌うMr.Childrenの「here comes my love」について書いてみました。

まだ、ドラマは始まったばかり。

でも、コーポラティブハウスの住人たちの個性は強烈。

今後の展開が、楽しみですよ。