カーリング美人解説者「市川美余」のピラティスメソッド

miyo01

カーリング美人解説者「市川美余」のピラティスメソッド

元カーリング日本代表で現在は解説者の市川美余さんは、もとバリバリのカーリング選手。

今回の平昌オリンピックでも、カーリングの解説をしていました。

このカーリング美人解説者「市川美余」さん、ピラティスメソッドでキレイなウエストライン、メリハリのあるボディを保っているそうです。


スポンサーリンク

 

カーリング美人解説者「市川美余」とは

miyo03

市川美余は、7歳からカーリングを始めています。

チーム掛川に入部し、2005年に日本ジュニアカーリング選手権では、優勝を飾っています。

軽井沢高等学校卒業後、 2008年に中部電力に入社し、カーリング部に入部。

2011、12、13、14年の「日本カーリング選手権」で4連覇に貢献しました。

オリンピック出場経験はなかったが、2014年5月の新体制会見で引退を発表。

同年6月30日付で中部電力を退社し、現在は解説者として活躍している

カーリング美人解説者「市川美余」は、現役時代からルックスも最高でしたが、バランスの良いボディも評判でした。

実は、市川美余は現役時代から、ピラティスメソッドで肉体改造をしていて、引退した今では、ピラティスメソッドのインストラクターもしているそうです。

 

「市川美余」のピラティスメソッド

miyo04

ピラティスというのは、エクササイズの一つで、ジョセフ・ヒューベルトゥス・ピラティスが生み出しました。

ピラティスは、子供の頃からあまり丈夫ではなく、喘息やリウマチ熱など、幼い子供には過酷過ぎる病気に悩まされていました。

ピラティスは、そんな病弱な自分を鍛えなおそうと、ボクシング、ヨガ、座禅、体操、武術などありとあらゆるジャンルのスポーツやエクササイズを研究しまくり、自分の肉体改造に適するものを探しました。

ピラティスは、第1次世界対戦で従軍看護師として負傷兵のリハビリを行っていましたが、負傷兵が別途に寝たままでも手足や背骨のエクササイズができ、筋肉を強化することができるエクササイズを発案しました。

ピラティスメソッドの大きな特徴でもある、体の奥の筋肉、インナーマッスルを鍛える手法は、ここから発達したようです。

miyo05

戦後ニューヨークに渡ったピラティスは、スタジオを開き、ニューヨークで活躍するダンサーやアクター、またスポーツ選手や富裕層など、様々な分野、生活スタイルを持つ人々に愛されるようになります。

現在では、アメリカの三大フィットネスにも数えられるようになり、日本でも人気が高まる事になります。

中部電力カーリング部に所属していた、市川美余もピラティスメソッドの効果を理解して、積極的に取り入れたそうです。

「市川美余」のピラティスメソッドは、Huluで見れる

miyo07

「市川美余」のピラティスメソッドは、Huluの「ティップネスチャンネル」で、公開されています。

このHuluの「ティップネスチャンネル」では、ストレッチなどエクササイズに特化したチャンネルです。

Huluで、「市川美余」のピラティスメソッドを見る