アクティブシニアが楽しく乗るなら、こういう自動車がよろしいかと思います。

アクティブシニア 楽 自動車

自動車を選ぶ基準は変化する

読者の皆さんも恐らくそうだったと思いますが、トムおやじは若い頃には、スポーツカーに乗りたかったです。

出典:showa-chronicle.com

若いうちは、速い車やかっこよい車に憧れました。
日産のフェアレディZなんて、憧れでした。

出典:garage.tkwave.com

スーパーカーがブームになった時期もありました。

若いうちは、こういった高価な車には憧れるだけで手が出ませんでした。

アクティブシニアになったこの頃なら、余裕があれば手に入れたいと思う気持ちもありますが、若くはないということを考えると、別の選択肢があってもよいのではと思います。

別に、あこがれを捨てろと行っているわけではないですよ。

こだわりは、しっかりと思っておくべきだと思います。


スポンサーリンク

アクティブシニアが自動車を選ぶ基準

冷静に考えてみれば、日本の道路事情の中でアウトバーンを全開で走れるような性能の自動車を、気持ちよく走らせられる環境は、サーキット以外にないとわかりますよね。

そういう視点を持って、自動車選びをしてみませんか。

アクティブシニアが、遊び心を残したまま、狭い日本の道路で楽しめる自動車選びの基準は、トムおやじ的には次のように考えます。

◯いちばん大事なのは、いざとなれば出せる余裕を持った動力性能

◯大人ですから、環境性能も意識したい

◯走らせて楽しい自動車

この3つをしっかりと押さえたいですね。

トムおやじ的、今乗るならこの自動車

アクティブシニアのトムおやじは、上の3つの基準を踏まえて、今乗る車を選ぶとすれば

出典:autoc-one.jp

日産ノート e-power NISMO

これですね。

環境性能も高く、乗って楽しく、いざとなればすごく早い。

三拍子全部揃ってます。

モーター駆動の凄さは、試乗するとよくわかります。

そして、ワンペダルドライブの楽しさ。

さらに、NISMO仕様なので、更にポテンシャルがアップしている。

全長×全幅×全高:4165×1695×1530(mm)

ホイールベース:2600mm

車両重量:1250kg

乗車定員:5名

最小回転半径:5.2m

駆動方式:前輪駆動(FF)

発電用エンジン:HR12DE型直列3気筒DOHCミラーサイクルガソリンエンジン

総排気量:1198cc

エンジン最高出力:79ps(58kW)/5400rpm

エンジン最大トルク:10.5kgf-m(103N・m)/3600-5200rpm

燃料タンク容量:41リッター

使用燃料:無鉛レギュラーガソリン

モーター種類:交流同期電動機

モーター定格出力:95ps(70kW)

モーター最高出力:109ps(80kW)/3008-10000rpm

モーター最大トルク:25.9kgf-m(254N・m)/0-3008rpm

動力用主電池:リチウムイオン電池

サスペンション形式:(前)独立懸架ストラット式(後)トーションビーム式

タイヤサイズ:195/55R1687V

メーカー希望小売価格:2,458,080円[消費税込]

まとめ

 

出典:toyokeizai.net

ほんとうは、HONDA S660も強く押したいところですが、走らせて楽しい車だけなので、今回は外れました。

アクティブシニアなら、走る楽しみも去ることながら、環境性能にも意識した余裕のある自動車選びが、合っていると思います。

290 total views, 1 views today